FC2ブログ
Lunar Stairs
--/--/-- -- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
イルカがまだいるってので、わざわざカメラ持って行って来ました。
途中道に迷って行き着かないかと思ったけど何とか行けました。

私が行った頃には、一部のイルカは既に埋められる模様。
解体なのか見えなかったけど、砂の一部が赤かったのと穴を掘っていたのとでキモかった。
近づくと、一般人は来ないでって言って…?
何をしていたのか見えなくて怪しかった。

更に北の方面まで行くと、波に戻されてもうダメポなイルカが何頭か。
ウエットスーツのボランティアの方が何人か、砂浜まで上がってくると戻していました。
きっとずっと頑張ってたんでしょうね。

包丁持ってこい、もうダメだから喰うべ~~みたいなことを言ってるおじさんがいて、
包丁じゃ硬くて解体できないと思うので冗談だと思うけど、
その言葉に恐怖を覚え、私もイルカ戻し手伝ってきました。

牛や豚は食べるんだけどね…喰われる予定で陸に上げられた生物ではないので
食肉とか解剖用素材とか切り替えられず、早く、早く逃げろーって、追いかけられる夢見てる感じで感情移入してしまいました。
合理的に考えればそっちなんだろうけど目の前で見るとどうも…

やり方がわからないので、返って傷めてしまわないか心配でした。
あと私服で余り深いとこまで入れないのであんま役に立ってなかったけど…。
やたらに頭上を鳥が飛んでいたのは偶然か臭いか。

中には、陸の上まで戻ってきてしまったイルカをジープでジャバジャバと波の中に戻してる人もいてすごい光景でした。

カメラなくしたらしいので、写真ナシです。
こうなるって予期してたわけじゃないけど、カメラのデータ整理したばかりだったのでよかった。
イルカの写真は全滅だけどねww
web拍手
Secret

TrackBackURL
→http://drinkndahut.blog69.fc2.com/tb.php/371-b3a78d4b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。